ここから本文です
お葬式の相談する

沿革

会社概要

八田グループ
1806年(文化3年)   圓道屋(ローソク・漆器類を取り扱う問屋)として創業
1935年(昭和10年)   合資会社八田宇吉商店設立。仏壇仏具を取り扱う
1955年(昭和30年)   合資会社八田神佛具店に変更登記
1973年(昭和48年)   株式会社報恩互助会を設立
1986年(昭和61年)   有限会社はちのへ報恩会館を設立
(多目的ホールメモリアルプラザ報恩)
1993年(平成5年)   有限会社ハチレイを設立(葬霊分離)
2001年(平成13年)   有限会社はちのへ報恩会館から有限会社報恩に社名変更
(同時に八田グループ第1番目となる葬儀専門会場にリニューアル)
2002年(平成14年)   報恩サービス設立(葬儀後のトータルアフターサービス)
4月 龍鳳の会設立(八田グループ取引業者様による協力会)
2003年(平成15年)   納棺部設立(最期の身支度「納棺の儀」を行う)
12月 生花部設立(独自のメモリアルフラワーを提供)
2005年(平成17年)   合資会社八田神佛具店より株式会社八田神仏具店に変更登記
7月 「メモリーハウス根城」を建設(第2番目の葬儀専門会場)
2006年(平成18年)   八田典礼倶楽部設立(事前相談と信託葬を承る)
2008年(平成20年)   「報恩会館白銀」を建設(第3番目の葬儀専門会場)
同時に他の式場を「報恩会館」に統一改称
互助会補完型の保険「NP少額短期保険」募集開始」
11月 和風小物雑貨店「なごみ庵」オープン
2012年(平成24年)   「報恩会館下長」を建設(第4番目の葬儀専門会場)
2013年(平成25年)   「報恩会館五戸」を建設(第5番目の葬儀専門会場)
2014年(平成26年)   小規模葬祭施設「諏訪ハウス」を建設(第6番目)
2015年(平成27年)   「報恩会館柏崎」をグランドオープン
2016年   現在に至る